セーターに関する情報満載のサイトです。

毛玉を防ぎお気に入りのセーターままで

セーターなどのニット製品は上品さや可愛らしさがあり、女性の間で人気アイテムですが、悲しい事に着用時の摩擦が原因で、どうしても毛玉ができてしまいます。
特に袖口や肘の部分、ショルダーバッグなどを持つ肩の部分は、擦れる事が多いため毛玉ができやすくなります。
100パーセント防ぐことは難しいですが、毛玉になりにくくする方法はあります。
まずニットは、着る機会が多いと摩擦が起こる回数も増える事になるので、連日着る事はやめ、一日着たら数日休ませてあげましょう。
お気に入りをいくつか作っておくと、着回しがきくので良いです。
脱いだセーターは、平らな所に広げて優しくブラッシングします。
そうする事で毛羽の絡みを解く事ができ、毛並みが揃う上、ホコリも取れ綺麗になります。
また、セーターを家で洗う時は必ず手で優しく押し洗いし、決して擦り合わせない事が重要です。
ほんの少し手をかける事で、ニットをセンス良く長持ちさせる事が可能です。

セーターの毛玉の原因と予防対策について

冬場、セーターは寒さをしのぐための服として必須アイテムであり、着用することも多いものです。
けれども購入した時は綺麗でも、しばらく着続けていると毛玉ができてしまい、頭を抱えることもあるでしょう。
毛玉ができる原因にはいろいろあり、まずその原因を取り除くことが防止につながります。
気に入ったからといって毎日着ていると毛玉ができやすいので、お気に入りのセーターでもたまには着ずに生地を休ませてあげましょう。
また摩擦が大きな原因になるので、例えばバッグを持つ際にも服とこすれないように気を付けるだけでだいぶ違ってきます。
洗濯できるニットの場合は、洗濯時に摩擦が起きないように、裏返して洗うようにしましょう。
またできてしまった物を取る方法として、サランラップのカッタ―部分ややすりで撫でる方法があります。
スポンジでこすっても取れるので、試してみると良いでしょう。
取る際にはできるだけ優しく丁寧に行うことが大切です。

Favorite

サバゲ初心者におすすめ
http://www.first-jp.com/articleinfo/detail.php?id=423

2017/3/10 更新

トップへ戻る▲