セーターに関する情報満載のサイトです。

洗えるセーター、人気が高まっています

昔からセーターと言えば冬を代表する洋服であり、多くの人から愛用されていました。
クリスマスやバレンタインになると女の人が愛する人のために手編みで編んでプレゼントしたものです。
しかしバブル期を過ぎた辺りからだんだんこのアイテムの人気に陰りが出てきました。
より暖かい素材がたくさん出回ったためです。
中でもポリエステル素材を使ったフリースなどは、自分で洗濯機で洗える、手入れがしやすい、毛玉が出ないというメリットがあり多くの人が愛用するようになりました。
確かにその頃のセーターは自分で洗濯できるものは少なく、仮に自分で洗ったとしても縮んでしまった、ほつれてしまったというトラブルが耐えなかったのです。
しかし2000年代に入りファストファッションが流行りだした頃、多くのお店で手入れのしやすいセーターが売れるようになりました。
商品開発を繰り返した結果、暖かい、ほつれにくい、洗濯できるなど手入れのよさはもちろん、ファッションとしても素敵なデザインや色が発売されるようになったのです。
またウール素材などを自分で失敗せず洗えるような良い洗濯洗剤が出回ってきたのもこの頃であり、これらの商品が売れる後押しをしてくれました。

お気に入りのセーターを長持ち

冬のファッションの定番であるセーター、カラーや編み方に個性があって何年も大事に着続けたいものもあります。
セーターやニットのお手入れ方法を知ってお気に入りのセーターを長持ちさせましょう。
まずは洗う頻度です。
型崩れや退色を防ぐためには季節ごとに3回程度が良いとされていますが、シミや汚れがあるようならすぐに落とすと良いでしょう。
洗い方は各洗濯表示の記載通りにします。
手洗いなら押し洗いが基本です。
洗い終わったらタオルを敷いた上で陰干ししたり、袖が垂れないように気をつけてハンガーを複数使い工夫するなど、水を含んだ重みでニットが伸びないようにします。
平干し専用ネットなんてものも売っているので利用してみるのもいいかもしれないですね。
もし干した重さで伸びてしまった場合でもニットには水分を与えれば縮む性質があるので、一度平らな場所に広げてお湯または蒸気をかけた後ドライヤーやアイロンを使って丁寧に乾かしていくとだいぶ元に戻ります。
またシーズンオフで保存する時はきれいに洗濯して汚れを落としてからしまいます。
洗濯物に虫が卵を産みつけることがあるのでよくはたくと良いでしょう。
箪笥には防虫剤を入れ、時折開いて空気を入れ替え乾燥を心がけます。
お気に入りのニット、少しでも長く着られると良いですね。

recommend

便利グッズ 通販
http://www.shop-m-net.jp/
美容ハサミ
http://www.hien-scissors.jp/
宅配買取
http://18kinkaitori.com/
マカ サプリ
http://www.owuctc.com/
宝くじ購入代行
http://www.takarakuji-dream-eiki.com/

Last update:2016/6/23

トップへ戻る▲